やまがた絆の森

TOP >  やまがた絆の森

森づくりを通して新たな環境貢献を考えてみませんか。

山形県の森林は、最上川の清らかな水を育みます。四季折々の景観として県民の心を和ませます。
二酸化炭素を吸収し、温暖化の防止に貢献します。
木材やきのこをはじめとする林産物を生み出します。土砂の流出を防ぎ、県土を保全します。
さまざまな動植物の生息の場となります。
しかし、人々の生活が山から離れたことや、林業の採算性の悪化などから、今では、森林は手入れ不足となり、森林の持つ多面的な機能が十分に発揮されなくなっています。
森林を健全な姿で未来に引き継いでいくためには、間伐などの森林整備が欠かせません。
今、森林は、企業の皆さんの智恵や行動力を必要としています。
企業の皆さんと森林を介して、地域、森林所有者などが多くの絆で結ばれ、地域の活性化に結びつくように、山形県では「やまがた絆の森プロジェクト」を進めています。
企業の皆さん、森林のパートナーとして、「やまがた絆の森」を広げてみませんか。

やまがた絆の森の仕組み

三者協定

やまがた絆の森の流れ

やまがた絆の森の流れ