センターとは?

TOP >  センターとは? >  規約

規約

名称

第1条
この団体は、「やまがた公益の森づくり支援センター」(以下「センター」という。)と称する。

事務所

第2条
センターの事務所は、山形県森林組合連合会内に置く。

目的

第3条
センターは、県内の豊かな森や自然環境の保全を図るため、県民みんなが支える公益の森づくりを推進するとともに、県産材の安定供給と利用拡大を目指した森林整備、木材の生産、加工及び流通体制の整備等を図ることを目的とする。

事業

第4条
センターは前条の目的を達成するため、次の事業を行う。

(1)やまがた公益の森構想に基づく県民参加による森林づくりの推進
(2)各流域林業活性化基本方針書に基づく森林の整備、木材の安定供給及び利用拡大の推進
(3)その他センターの目的を達成するために必要な事業

構成員

第5条
センターを構成する会員(以下「会員」という。)は、次のとおりとする。

(1)山形県森林組合連合会
(2)各地区公益の森づくり協議会
(3)財団法人山形県林業公社
(4)財団法人山形県みどり推進機構
(5)山形県木材産業協同組合
(6)山形県緑を育てる女性の会
(7)特定非営利活動法人美しいやまがた森林活動支援センター
(8)山形県森林インストラクター会
(9)特定非営利活動法人庄内海岸のクロマツ林をたたえる会
(10)その他県内で森林づくりをしている団体で、総会で承認を得た者

役員

第6条
1. センターに次の役員を置く。

(1)会長 1名
(2)監事 2名

2. 役員は、総会において選任する。

3. 役員の任期は、2年とする。ただし、任期途中から就任した役員の任期は、前任者の残りの期間とする。

4. 役員の職務は、次によるものとする。
(1)会長は、センターを代表し、会務を処理する。
(2)監事は、財務及び会務執行状況を監査する。

5. 役員は、無報酬とする。

総会

第7条
1. センターの総会は、通常総会及び臨時総会とする。

2. 総会は、会長が招集する。

3. 総会は、会員の2分の1以上の出席をもって成立する。

4. 総会の議長は、会長がこれに当たる。

5. 総会の議決は、出席した会員の過半数をもって決する。

公益の森づくり協議会

第8条
1. センターに、第3条に定める目的に沿った地域ごとの特色ある取組みを推進するため、公益の森づくり協議会を設置する。

2. 前項の協議会の組織の運営に関して必要な事項は、別に定める。

経費

第9条
センターの経費は、次に掲げるものをもって充てる。
(1)負担金
(2)補助金
(3)助成金
(4)その他

会計年度

第10条
センターの会計年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。

事務局

第11条
1. センターの事務を処理するため事務局を置く。
2. 事務局員は、会長が委嘱する。
附則
1.この規約は、平成19年4月26日から施行する。
2.センター設立当初の会計年度は、第10条の規定にかかわらず設立のあった日から平成20年3月31日までとする。